Windows8対応 総合測量ソフト 工事メイト for Win 搭載業務一覧

リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
業務一覧
 工事メイト for Wintに搭載されている業務一覧です。
各業務名をクリックすると、その概要を説明したページへとジャンプします。
トラバース
業務名 Plus Light 概要
放射トラバース 器械点からの跳出し点として放射状に観測し、各観測点の座標値を求めます。
放射3D × 器械点からの跳出し点として放射状に観測し、各観測点の座標値(Z:高さを含め)を求めます。
開放トラバース 器械点から観測を開始し、開放多角路線を生成、各観測点の座標値を求めます。
開放3D × 器械点から観測を開始し、開放多角路線を生成、各観測点の座標値を高さ(Z値)を含め求めます。
結合トラバース 既知4座標である後視点・器械点・結合点・取付点を指定し、その間に多角結合路線を取り付けることで、各観測点の座標値を求めます。
閉合トラバース 器械点から観測を開始し多角路線を生成、最終観測点を器械点とする閉合多角路線を取り付けることで、各観測点の座標値を求めます。
2点結合トラバース 既知点である出発点への距離測定から開始し、もう一つの既知点である結合点へと結ばれる多角路線を生成することで、各観測点の座標値を求めます。
結合トラバース(混合) × 既知4座標である後視点・器械点・結合点・取付点を指定し、その間に多角結合路線を取り付けることで、各観測点の座標値を求めます。
また、結合観測点からは『開放』および『放射』はねだし点の指定、および『開放』はねだし観測点からの『放射』はねだし点の指定と計算ができます。
閉合トラバース(混合) × 器械点から観測を開始し多角路線を生成、最終観測点を器械点とする閉合多角路線を取り付けることで、各観測点の座標値を求めます。
また、閉合観測点からは『開放』および『放射』はねだし点の指定、および『開放』はねだし観測点からの『放射』はねだし点の指定と計算ができます。
2点結合トラバース(混合) × 既知点である出発点への距離測定から開始し、もう一つの既知点である結合点へと結ばれる多角路線を生成することで、各観測点の座標値を求めます。
また、結合観測点からは『開放』および『放射』はねだし点の指定、および『開放』はねだし観測点からの『放射』はねだし点の指定と計算ができます。
逆計算
業務名 Plus Light 概要
放射逆計算 測設を実施する杭位置を器械点からの距離と角度へと逆算します。
開放逆計算 測設を実施する杭位置を器械点からの距離と角度へと、器械点を移動し開放多角逆算します。
3次元測設 × 測設を実施する杭位置を器械点からの距離(水平・斜距離・比高)と角度(水平角・鉛直角)へと逆計算します。
路線 線形計算
業務名 Plus Light 概要
路線設置(IP法) BP点,各IP点群,EP点を座標指定、各IP点のカーブ要素を前後クロソイドパラメ-タ(A1,A2)とカーブ半径(R)で指定することで道路線形を登録します。
路線設置(要素法) 路線変化点毎に、形状指定と各要素数値を登録することで道路線形を登録します。
卵型クロソイドが含まれる路線や、厳密なS字カーブ・直線あるいはカーブのみの工区路線の定義に使用します。
中間点・拡幅幅杭計算 路線設置で登録された路線情報を元に、路線・基本設定で設定した生成条件により中間点と左右一対の幅杭を生成します。
+杭の生成及び不要な+杭の削除,幅杭への拡幅計算など各種編集を実行し、必要とする路線関連座標を生成します。
同断幅杭計算 「中間点・拡幅幅杭計算」情報を元に、中心杭から横断方向に複数の幅杭を数の制限なく生成します。
側溝・歩道や構造物の位置決めや、逃げ杭の横断位置計算などを迅速に実行できます。
路線への一連垂線
(逆幅杭計算)
× 現在の路線センターラインを対象に、垂線頂点座標を指定することでセンターライン上に垂線の足座標を生成します。
垂線の足座標情報として座標値のほか、垂線長(幅員)・路線上の追加距離・路線方向角などが得られます。
路線交点計算 × 対象路線を「役杭設置業務」で登録した路線ファイルで指定、交点計算を行いたい直線を2点の座標入力で指定します。結果として交点の座標とそのポイントの路線追加距離を得ることが出来ます。
交点が指定した2点間の線分内に収まらない(直線の延長線上に交点が求まった)場合は、本業務では交点としていません。
路線から測設指定 × 対象路線センターラインに、測設点を追加距離と幅員で指定し∠後視-器械-to測設点の挟角と距離へと逆計算します。
予め座標計算を実行する必要もなく、現地で即座に測設を行え生成座標も座標リストに登録することもできる便利な業務です。
縦断
業務名 Plus Light 概要
縦断計画 路線情報に、現地盤高・変化点高・VCL又はVCRを登録することで路線センター各ポイントの計画高や切盛り土高を計算します。
また、「図面を開く」から縦断図を作成することができます。
路肩の高さ(片勾配) 縦断情報と幅員情報及び横断勾配から路肩高を求めます。
範囲選択により、片勾配計算が実行でき、路線連動タイプの縦断情報であれば幅員情報の自動取込・路肩座標のZ値登録が実行できます。
本業務には、独立したCADはありませんが、登録情報は「縦断」から開かれる縦断CADの帯情報として、図示されます。
横断関連
業務名 Plus Light 概要
横断作成 × 路線横断方向に、現地盤高・計画高を登録します。縦断計画が登録されていればその情報を自動引用でき、さらにその縦断計画が「路線連動タイプ」であれば、本業務で計算される「現地盤線-計画線自動交点」で自動計算される切り下げ(切り上げ)点や各登録横断変化点を3次元座標として座標DBに登録でき、測設・丁張りデータとして活用できます。
横断情報として、1本の現地盤情報と5本の計画情報を同時登録できます。
土量計算 × 断面間距離・切盛各断面積を登録することで切土量・盛土量・累加土量の計算を実施します。
地山補正・盛土補正・補正なしの選択及び補正率の設定ができます。
また、対照となる横断ファイルを指定しそれをCAD表示することで、CADマウスプラニメータ機能で指定断面の面積を自動登録することができ、 その領域の重心位置を、標高と幅員値として表示します。
図心点間距離計算
(幅杭弧長)
× 路線上に存在する断面の図心(擁壁等)横断距離とその路線センター追加距離を指定することで、カーブ区間における図心間距離(幅杭弧長)を計算します。
この計算から得られる図心点間距離を擁壁展開図などの区間距離として採用することで、カーブイン・アウトを考慮したより正確な数量を把握することができます。
面積
業務名 Plus Light 概要
区画登録・座標法 区画(画地)境界点座標を順次指定し、境界点で囲まれた範囲を1区画として登録します。また同時に1区画ごとの面積を座標法により計算します。
1つのファイルに複数区画が登録でき、丈量単位での出図が可能です。
ヘロン・辺長指定 三角形の辺長と三角形同士の接合形態を指定することで、その合計面積や図面(ヘロン展開図)を作成します。
また、辺長として「設計値」と「出来高値」を登録することで、設形-出来高面積比較を行うことも出来ます。
現在の登録状況をリアルタイムに反映したCADウィンドで同時に確認できるため、接合指定を簡単・迅速に実行することができます。
ヘロン3D座標指定 × 法面等ヘロン展開図を作成する三角形の各頂点を座標指定することで、X・Y・Zの3次元辺長を計算しヘロン面積計算を実行します。
また、各三角形の接合位置関係を自動判定しその形状を「ヘロン展開工区ビュー」で確認することが出来ます。
三斜面積計算 区画登録で登録した区画(画地)に対し三斜面積計算を実施します。
本業務を新規業務から選択した時点で、区画ごとに自動三斜が形成されています。
各種・面積分割 × 区画登録で登録した区画(画地)に対し、各種面積分割計算を実施します。
又分割結果を新たな区画(分筆)として同時登録することもできます。
展開
業務名 Plus Light 概要
舗装-平均幅法 × 路線の左右幅員を入力し、平均幅員×区間距離の総和として登録区間の舗装面積を計算します。
舗装-自動ヘロン × 路線の指定区間の左右幅杭点を頂点とする複数の3角形を自動生成し、ヘロン計算式で算出した各三角形面積の総和として登録区間の舗装面積を計算します。
側壁等(汎用) × 各断面間の測点名・区間距離・断面数値(幅や高さ・断面積等)を登録し平均断面法にて数量計算を実行します。幅項目に側壁高を登録すれば、側壁展開となりますが、それ以外(幅員・断面積等)の数値を登録し、汎用的な数量計算・展開図としての活用が可能です。
擁壁 × 展開区間の天端・基礎厚が一定の場合と、断面毎に天端・基礎厚数値が設定できる(初期値は前断面数値が自動コピーされます)タイプの2パターンを用意しています。
各種座標計算
業務名 Plus Light 概要
座標変換(4点指定) 基線(P1-P2)で示される座標系から変換線(P1-P2)で指定する座標系へと、入力座標を変換し、新たな座標として登録します。
座標変換(ヘルマート) 基線点グループで示される座標系から指定点グループで示される座標系へと、入力座標を変換し、新たな座標として登録します。
変換には、基線点グループ・指定点グループによる最小二乗法変換式が採用されます。
2直線の交点 指定した2直線の交点を求めます。直線の指定方法は4点・3点1方向・2点2方向が選択できます。
又、移動量を入力することで、指定直線から平行移動した直線の交点を求めることも出来ます。
円と直線の交点 指定した直線と、中心とその半径で指定される円との交点を求めます。
直線の指定方法は2点・1点1方向が選択できます。
円と円の交点 中心とその半径で指定される2つの円の交点を求めます。
連続移動交点 各指定点で示される折れ線と幅員指定により、連続した移動交点を求めます。
クロソイドと直線の交点 クロソイド線又はその幅杭線と、2座標点で指定される直線の交点を求めます。
内外分点-直線 始点・終点で指定される直線上およびその延長線上に、始点からの距離を指定することで新たな座標を求めます。
さらにその点からのシフト距離を指定することで、幅杭点を求めることも出来ます。
内外分点-円弧 始点・終点および円上点指定、又は始点・終点および半径と右左回りのいずれかで指定される円弧上およびその延長線上に、始点からの弧長距離を指定することで新たな座標を求めます。
さらにその点からのシフト距離を指定することで、幅杭点を求めることも出来ます。
直線への垂線 始点・終点で指定される直線上およびその延長線上に、指定点で指定される点から垂線をおろすことで新たな座標を求めます。
円弧への垂線 始点・終点および円上点指定、又は始点・終点および半径と右左回りのいずれかで指定される円弧上およびその延長線上に、指定点から垂線を指定することで垂線の足をの座標を求めます。
クロソイドへの垂線 指定されるクロソイド上に、指定点から垂線を指定することで垂線の足座標を求めます。
隅切-直線 ∠P1-頂点-P2指定したコーナーに直線の隅切り点を求めます。
隅切-円弧 ∠P1-頂点-P2指定したコーナーに円弧の隅切り点を求めます。
後方交会 現在の位置から、2既知点までの距離とその挟角を指定することで、現在位置の座標値を計算します。
平行線 点で指定される線分から、左右に指定距離だけ並行移動した2座標を計算します。
3点円 指定される3点上を通る円を計算し、中心座標とその円の半径を求めます。
通信
業務名 Plus Light 概要
座標送信 座標情報受信・保存機能付き各社トータルステーョンへ座標情報を一括送信します。
座標受信 座標情報保存・送信機能付き各社トータルステーションから座標情報を一括受信します。
観測値受信 観測情報保存・送信機能付き各社トータルステーションから観測情報を一括受信します
観測履歴・手簿 「TSから観測値受信」で保存した、「観測生データ」から「観測データファイル」へと変換を実行します。
また本業務メニュー「印刷」から観測履歴簿や観測手簿をプリントアウトすることも出来ます。
観測値 <観測履歴・手簿>業務で、「観測生データ」から「観測データファイル」へと変換したを「観測データファイル」も同様に開くことが出来、 このデータをコピーし各種トラバース入力画面に貼り付けを実行することで「観測データ」から「座標データ」へと変換することが出来ます。
作図(CAD)機能
業務名 Plus Light 概要
共通機能 各種計算業務実行中 メニュー<表示>「図面を開く」からその業務の登録データ状況をつねにリアルタイムに反映する「計算業務とリアルタイムにリンクしたCAD画面」を開くことが出来ます。
また、メニュー<新規業務>「作図」・ProCadから、新規のCAD画面を開くことも、以前に作図し保存登録した「図面」を、メニュー<業務を開く>「作図」・ProCadからよびだすこともできます。
縦断図 「縦断計画」業務の「図面を開く」から縦断図が簡単に作図できます。
一般的な「点名」「追加・単距離」などの帯情報のほか、「路線曲線要素」,「拡幅」,「片勾配」 などの帯情報を自動引用することができます。
横断図 × 「横断作成」業務の「図面を開く」から横断図を作成することができます。
横断登録データから横断図自動生成。横断配置位置・間隔・縮尺などが自動計算されます。
断面貼り付け機能や寸法線追加機能・パラメトリック機能などにより、成果図を短時間で作成することができます。
データ変換
業務名 Plus Light 概要
SIMA→工事メイト 測量ソフト共通フォーマット形式の「座標情報」を「工事メイト」形式に変換し、座標データベースへ登録します。
工事メイト→SIMA 「工事メイト」形式「座標情報」を、測量ソフト共通フォーマット形式の座標リストに変換します。
工事メイト→DXF 「工事メイト」で作成したCAD図面ファイルからDXF(CAD標準フォーマットの一種)ファイルに変換します。
工事メイト→SXF 「工事メイト」で作成したCAD図面ファイルから、SXF(電子納品CAD図面フォーマット)ファイルに変換します。