Windows8対応 総合測量ソフト 工事メイト for Win 逆計算業務について

リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
逆計算
 開放・放射・高さ要素も配慮した放射3Dが搭載されています。また、機能的には以下のような便利な機能が実装されています。
  • 他の工事メイト業務ウィンドウ(座標情報をもつ)から対象行を選択コピーし、逆計算ウィンドウに貼り付ければ、測設点として自動登録されます。
  • 工事メイト「CADウィンドウ」上のくい打ち対象座標(プロットマーク)をマウス範囲指定コピーし、逆計算ウィンドウに貼り付ければ、測設点として自動登録されます。
  • エクセルなどで作成した座標リストをコピーし、逆計算ウィンドウに貼り付ければ、測設点として自動登録されます。
  • 現場で使用するトータルステーションの角度最小表示に合わせ、計算挟角が丸められたトランシット項目が表示されます。
  • 挟角ソートを実行すれば、後視点0セットから順番にくい打ち点を並べ替えることができます。(放射)
  • 距離ソートを実行すれば、器械点から近い順にくい打ち点を並べ替えることができます。(放射)
  • 放射逆計算 放射
    測設を実施する杭位置を器械点からの距離と角度へと逆算します。
  • 開放逆計算 放射
    測設を実施する杭位置を器械点からの距離と角度へと、器械点を移動し開放多角逆算します。
  • 3次元測設 放射
    測設を実施する杭位置を器械点からの距離(水平・斜距離・比高)と角度(水平角・鉛直角)へと逆計算します。