本格ネット予約システムを即日導入、受付・会員管理・統計・メール配信など豊富な機能を搭載

サイバー・シビルのネット予約システム

リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先 カタログダウンロード
PC・携帯から安心のSSL予約申し込み、窓口業務や管理業務はAjaxによる迅速・簡単オペレーション
JavaScriptを有効に変更してください。

各種機能説明

listMark 予約申込みサンプル
予約の申し込みを体験いただけます。
実際に、登録情報が保存されることはありません。
また会員ログイン画面は、デモでは省略されて実行されます。携帯電話からは
携帯ページURL http://cybercivil.net/reservedesk/i/
からアクセスいただけます。
listMark 日次業務サンプル
受付窓口における予約登録・来院登録・各種統計グラフの作成やメルマガ発行などを体験いただけます。
ログインID:desk
パスワード:deskでログインしてください。
listMark 各種設定業務サンプル
就業・休業カレンダーや時間帯・予約受付人数、自動応答メールメッセージの作成などシステム運用に関する設定業務を体験いただけます。
ログインID:admin
パスワード:adminでログインしてください。
規約
第1章 総則
第1条(利用規約)
有限会社サイバー・シビルは、有限会社サイバー・シビル リザーブデスクレンタルサービス利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定め、本規約に基づき契約を締結した契約者(以下、「契約者」といいます。)に対して、レンタルサービス(以下、「本サービス」といいます。)を提供します。
第2条(本規約の適用範囲)
  1. 本規約は、有限会社サイバー・シビルが提供する本サービス、また今後有限会社サイバー・シビルが本サービスに付随して提供する ソフトウェア業・インターネット業及びそれに付随する全ての業務に適用するものとし、 有限会社サイバー・シビルがホームページ等を通じ随時契約者に対して発表する諸規定(以下、「諸規定」といいます。)は 本規約の一部を構成するものとし、契約者は予めこれを承諾したものとします。
  2. 本サービスを通じて、他のネットワークサービス等を利用する際には、 本規約に従うとともに接続先で定められている利用規定に従うものとします。
  3. 有限会社サイバー・シビルは、別途、契約者にホームページ等を通じて、本規約よりも有利な条件を通知、 発表することがありますが、かかる条件の適用されるのは、本規約を遵守し、 且、かかる条件が提示された際に同時に提示された諸条件すべてに契約者が同意する場合のみとします。 また有限会社サイバー・シビルは、かかる条件を随時撤回できる権限を留保するものとします。
第3条(本規約の変更)
有限会社サイバー・シビルは契約者の了承を得ることなく本規約を1ヶ月以上前に電子メールにより契約者に通知することで随時変更することができるものとし、 この通知が到達しない場合であっても、変更後の本規約が適用されるものとします。
第4条(有限会社サイバー・シビルからの通知)
  1. 有限会社サイバー・シビルは、必要と判断した場合には、契約者に対し随時必要な事項を電子メールその他の方法で通知します。
  2. 前項通知が電子メールにて行われたときには、電子メールの発信の時点で、ホームページにおける掲示により行われたときには、 掲示の時点で契約者に到達したものとみなします。
第2章 契約者
第5条(契約者)
契約者は本サービス申込む時点で本規約の内容を全て承諾しているものとみなします。 契約者が入会後、本規約又は諸規定に異議又は不服を申し述べた場合には、 当該契約者の申し込みがはじめから無かったものとみなし、 解約届出があった場合(第6章第29条)に準じて、契約を終了させるものとします。
第6条(契約の承認)
  1. 本サービスの利用申込みは、有限会社サイバー・シビル所定の方式を利用して行うものとします。
  2. 有限会社サイバー・シビルは、利用申込みを審査し、有限会社サイバー・シビルからの初回入金先のご連絡をもって、申込みを承認したものとします。
  3. 利用申込みに係る本サ-ビスの提供は、利用申込みを受け付けた順とします。 ただし、有限会社サイバー・シビルは必要と認めるときは、その順序を変更することがあります。
第7条(契約の不承認及び承認の取消)
  1. 有限会社サイバー・シビルは前条の審査の結果、利用申込みをした者が以下の何れかの項目に該当することが判明した場合、 その者の申込みを承認しないことがあります。

    (1)利用申込みをした者が実在しないこと
    (2)利用申込みをした時点で規約違反等により本サービス及び有限会社サイバー・シビルの全てのサービスの資格の停止処分中であり 又は過去に規約違反等で有限会社サイバー・シビルより一度でも利用解除の処分等を受けたことがあること。
    (3)利用申込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがあったこと
    (4)過去に有限会社サイバー・シビルへの支払を怠ったことがあること
    (5)本サービスの利用目的が24条2項で禁止される行為を行うためである場合
    (6)その他有限会社サイバー・シビルが契約することを不適当と判断した場合

  2. 有限会社サイバー・シビルは承認しなかった理由について契約者または入会申込をした者へその理由を明らかにしないことがあります。
  3. 有限会社サイバー・シビルは承認後であっても承認した契約者が前項の何れかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。
  4. 本条により有限会社サイバー・シビルが利用申込みの不承認又は承認の取消を決定するまでの間に当該利用申込をした者が入金した全ての金銭は、 それまでに本サービスを利用したか否かにかかわらず、一切返金できないものとします。
第3章 アカウント並びにID及びパスワードの管理等
第8条(アカウント並びにID及びパスワードの管理責任)
  1. 契約者は、有限会社サイバー・シビルが契約者に提供する本サービスの利用権(以下「アカウント」といいます。) 並びにアカウントの識別符合である名称あるいは番号(以下「ID」といいます)及びこれに対応するパスワード の使用及び管理について一切の責任を持つものとします。
  2. 有限会社サイバー・シビルは、契約者のアカウント、ID又はパスワードが他の第三者に使用されたことによって当該契約者が被る損害については、 当該契約者の故意過失の有無に拘わらず一切の責任を負いません。
  3. 契約者は自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに有限会社サイバー・シビルに申し出るものとし、 有限会社サイバー・シビルの全ての指示に従うものとします。 また、契約者のアカウントによりなされた利用は当該契約者によりなされたものとみなし、 当該契約者は利用料その他の債務の一切を負担するものとします。
第9条(アカウントの一時利用停止等)
  1. 有限会社サイバー・シビルは契約者のアカウントが不正に使用されたか、あるいはその可能性が高いと判断したときは、 当該アカウントの使用を停止することがあり、契約者は予めこれを了承するものとします。
  2. 前項の場合の他、有限会社サイバー・シビルが緊急性が高くアカウントの一時停止を必要と認めた場合には、 当該契約者の承諾を得ることなく当該アカウントを使用停止とすることがあり、契約者は予めこれを了承したものとします。
  3. 有限会社サイバー・シビルが前二項の措置をとったことで当該契約者又は他の第三者がサービスを使用できず、これにより損害が発生したとしても、 有限会社サイバー・シビルはいかなる責任も負わないものとします。
第4章 提供するサービス
第10条(サービスの内容)
本サービスの提供内容(利用コースの種別、内容を含む)及びオプションサービスの内容は別途公表する通りとします。
第11条(サービス内容の追加)
有限会社サイバー・シビルは、契約者に事前に連絡する事無く、 随時、本サービスに新たなサービスを追加することがあり、契約者は予めこれを了承するものとします。
第12条(サポート)
  1. 有限会社サイバー・シビルは、本サービスの利用方法を教示したり、 本サービスの利用に関する契約者からの質問に回答したりすることによって、 本サービスの利用のサポートを行います。
  2. 前項のサポートは、原則として、本サービスに関する特有・固有の事項に限られ、 インターネット利用に関する一般的情報・知識の提供や、契約者の固有の利用環境・通信環境に関するサポートは行わないものとします。 なお有限会社サイバー・シビルは、契約者の便宜のため、この範囲を超えてサポートを行うことがありますが、 これにより契約者へのサポートの本来的な範囲が拡大することはありません。
  3. 有限会社サイバー・シビルは、サポートによって契約者が有する問題を解決できることを保証するものではありません。
第13条(サービスの削除・停止・変更)
  1. 有限会社サイバー・シビルは、契約者が第6章第24条2項各号の何れかに該当する目的、 態様やその他不正な目的で本サービスを利用し、又は、サーバーや回線に高負荷を与える場合 若しくは与える恐れのある場合には、当該契約者に事前に通知することなく、 アカウントやアカウントで利用可能なサービスの全部又は一部の一時利用停止や削除、変更ができるものとします。
  2. 有限会社サイバー・シビルは、契約者が電子メールを第6章第24条2項各号の何れかに該当する目的、 態様、法令に違反する態様、あるいは不特定多数または特定の電子メールアドレスに対して常識を超えた数の電子メールを発信した場合、 若しくはその恐れがあると判断した場合、あるいはその他の理由でその利用が不適当と判断する場合、当該契約者に事前に通知することなく アカウントの一部もしくは全てを削除することがあります。
  3. 契約者はその利用する本サービスのコース種別の変更を希望する場合には、有限会社サイバー・シビルが別途定める費用を支払った上で、 有限会社サイバー・シビルに申し込むものとします。なおコース種別の変更にあたっては、収容するサーバー機器が変更される場合があり、 その場合、契約者自身がデータ等の移動を行う必要があることを予め了承するものとします。
  4. 契約者の本サービスの利用状況に応じ、ご利用になっているサービス品目の変更を要請することがあります。 契約者は、当社の同要請を正当な理由なく拒絶することはできないものとします。
  5. 有限会社サイバー・シビルは、業務の都合によりやむを得ず特定のサービス品目を廃止することがあります。 その際、廃止する1か月前までに通知を行うものとします。
  6. 有限会社サイバー・シビルが前4項の措置をとったことで当該契約者又は他の第三者がサービスを使用できずこれにより損害が発生したとしても、 有限会社サイバー・シビルはいかなる責任も負いません。
第14条(侵入・脆弱性検知)
  1. 有限会社サイバー・シビルは契約者に対し侵入・脆弱性検知サービスを提供することがありますが、 不正侵入行為、攻撃、脆弱性(以下「攻撃等」といいます)について漏れなく検知すること、 検知及び検知から契約者までの通知の時間、解決可能な対処方法が提示されること並びに、 通知した対処方法にて問題が解決可能なことについて、一切保証いたしません。
  2. 契約者は、前項の侵入検知サービスは攻撃等の検知のみを行うサービスであり、 攻撃等を防止したりするものではないことを予め了承するものとします。
  3. 有限会社サイバー・シビルは攻撃等が検知された際、契約者が予め申告した連絡先に対して連絡を行いますが、結果的に契約者と連絡が取れず、その間に攻撃等により契約者に損害が発生したとしても、 有限会社サイバー・シビルは一切の責任を負わないものとします。
第5章 利用料金等
第15条(利用料金)
  1. 本サービスの初期費用、各種利用料金、オプション料金、諸費用などのほか、本規約に定めのない料金等の算定方法等は、有限会社サイバー・シビルが別途定め、または通知するとおりとします。
  2. 有限会社サイバー・シビルは契約者の了承を得ることなく前項の料金1ヶ月以上前に電子メールにより契約者に通知することで随時変更することができるものとし、この通知が到達しない場合であっても、変更後の料金が適用されるものとします。 また、契約者は予めこれを了承したものとします。
第16条(契約期間)
  1. 本サービスの利用に関する契約期間は、有限会社サイバー・シビルが契約者に利用開始日として通知した日存する月の翌月初日より、契約時に契約者が選択した料金支払対象期間が経過するまでとします。
  2. 有限会社サイバー・シビル又は契約者が、契約期間が満了する月の20日までに、契約を更新しない旨を通知しなかった場合には、契約期間は前項の料金支払対象期間と同じ期間自動的に更新され、その後も同様とします。
第17条(決済手段)
契約者は利用料その他の債務を有限会社サイバー・シビルが指定した方法で履行するものとします。
第18条(決済)
  1. 有限会社サイバー・シビルは契約期間の末日の存する月の10日頃に更新後の契約期間のために利用料金を請求します。
  2. 契約者は前項の請求の日から14日以内に利用料金を支払うものとします。
  3. 有限会社サイバー・シビルは利用料金以外の請求が生じた場合、随時契約者に請求するものとします。
  4. 契約者と集金に関する金融機関との間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、 当該当事者間で解決するものとし、有限会社サイバー・シビルは一切の責任を負わないものとします。
  5. 決済に関する全ての手数料等の諸費用全ては、契約者が負担するものとし、 有限会社サイバー・シビルが立て替えた場合には、随時契約者に請求できるものとします。
第6章 使用条件等
第19条(利用環境等)
契約者は本サービスを利用するために必要となるコンピュータなどの利用環境、インターネット回線などの通信環境を自己の責任と費用において準備するものとします。
第20条(サービス内容の変更)
有限会社サイバー・シビルは、本サービスの契約者への事前の通知なくして本サービスの全てのサービス内容を変更することがあり、契約者は予めこれを了承したものとします。
第21条(サービス内容の無保証)
  1. 有限会社サイバー・シビルは本サービスで提供するサービスの情報、サーバー内容、電子メール、電子メール内容、CGI、オペレーティングシステム及びソフトウェア等の、 完全性、正確性、適用性、有用性等について、いかなる保証も行いません。
  2. 有限会社サイバー・シビルは本サービスに付随して、ウイルスチェックサービスや不正侵入検知サービス等、契約者を各種の脅威から保護するためのサービスを、 有償又は無償で提供することがあります。しかしながらこれらのサービスは、完全なウイルスの除去や、漏れのない不正進入の検知等、 契約者を脅威から完全に保護できることを保証するものではありません。 契約者は、これらのサービスが、有限会社サイバー・シビルが適用した技術の技術上の制限に自ずと制限されるものであることを予め了承するものとします。
  3. 有限会社サイバー・シビルは契約者に対してSSLなどの暗号化や本人認証サービスを提供いたしますが、 これにより契約者の情報が漏洩しないことやなりすましが行われないことを保証するものではありません。
  4. 有限会社サイバー・シビルはセキュリティやその他運営上の理由により、サーバー上にて稼働させているソフトウェアをバージョンアップさせたり、 同一仕様の別のソフトウェアに変更したりすることがありますが、これにより契約者のページの表示が正常に行えなくなったり、 することがあることを、契約者は予め了承するものとします
  5. 有限会社サイバー・シビルは今後継続して本サービスのサービスを提供する事については、一切保証いたしません。
第22条(サービスの利用範囲)
本サービスに関連して契約者に提供される各種のソフトウェア、サービス、SSL証明書等は、本サービスの対象となっているサーバー上で利用する目的においてのみ提供されているものであり、 その利用権を第三者に譲渡したり、契約者やその他の第三者が管理するコンピュータにて使用したりすることはできないものとします。
第23条(サービスの一時的な中断)
  1. 有限会社サイバー・シビルは以下各号に定める事由が発生した場合には、 契約者に事前に通知することなく一時的に本サービスの提供を中断することがあります。

    (1)システムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
    (2)火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合
    (3)地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合
    (4)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
    (5)有限会社サイバー・シビルが利用する回線提供事業者等が、電気通信サービスを中止した場合
    (6)サーバー機その他の移転のため、本サービスの運用を中断する場合
    (7)不慮の事故、不可抗力等のやむを得ない自由により、本サービスの運用を中断する場合
    (8)その他、運用上あるいは技術上有限会社サイバー・シビルがサービスの一時的な中断が必要と判断した場合

  2. 有限会社サイバー・シビルは、前項に基づき本サービスの提供が中止したとしても、 これに起因する契約者又は他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
第24条(自己責任の原則)
  1. 契約者は自己のアカウントによりなされた一切の行為およびその結果について、 当該行為を契約者が行ったか否かにかかわらず、全ての責任を負うものとします。
  2. 契約者は以下各号に定める行為を行ってはならないものとします。また有限会社サイバー・シビルから特に承認を得て下記のいずれかの行為を行う場合であっても、 承認を得た範囲を超えたり、承認を得ていない各号の行為を行ったりしてはならないものとします。

    (1)公序良俗に反する全ての行為
    (2)犯罪的行為に結びつく全ての行為
    (3)有限会社サイバー・シビル又は他の契約者又は第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する全ての行為
    (4)有限会社サイバー・シビル又は他の契約者又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する全ての行為
    (5)その他、法律に反する全ての行為
    (6)有限会社サイバー・シビル又は他の契約者又は第三者を誹謗中傷する全ての行為
    (7)選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する全ての行為
    (8)有限会社サイバー・シビルの全てのサービスの運営を妨げ、或は有限会社サイバー・シビルの信頼を毀損するような全ての行為
    (9)詐欺等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれのある全ての行為
    (10)その他の法律、条例または命令等に抵触する全ての行為
    (11)アダルト、出会い系、児童ポルノ又は児童虐待にあたる文書等を送信又は掲載する等全ての行為(日本国内の法規への抵触の有無を問わない)
    (12)有限会社サイバー・シビルのインターネット網(当社のインターネットバックボーンをいう。以下同じ)、及びそれに接続されたサーバー設備などに不正にアクセスする行為及びアクセスしようとする全ての行為
    (13)再販、再レンタル、再使用許諾等、契約者の受け得る本サービスを不特定又は多数人に使用させる全ての行為
    (14)スパムメールやその他無差別にメールを送信する行為等、及び、それに類似する行為
    (15)未公開株取引や運営者が禁止するRMT行為等債務者や対象法人との間で譲渡が禁止されている債権、株式を売買、譲渡、転売、媒介、仲介等をする行為
    (16)有限会社サイバー・シビルが別途禁止する全ての行為
    (17)その他、有限会社サイバー・シビルが本サービスの契約者として相応しくないと判断しまたは別途指定する全ての行為

  3. 契約者が本サービスを利用した結果、第三者に対して損害を与えた場合、契約者は自己の責任と費用をもって解決し、 有限会社サイバー・シビルに迷惑を掛け或は損害を与えないものとします。
  4. 有限会社サイバー・シビルは本サービスの利用により発生した契約者および第三者の損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、 一切の損害賠償をする義務はないものとします。
  5. 契約者が本条に違反して有限会社サイバー・シビルに損害を与えた場合、 有限会社サイバー・シビルは当該契約者により被った損害の賠償を請求できるものとします。
第25条(変更の届出)
  1. 契約者は、住所、電話番号、利用ドメイン、利用メールアドレス、その他有限会社サイバー・シビルへの届出内容に変更があった場合には、 速やかに有限会社サイバー・シビルに変更の届け出るものとします。
  2. 前項届出がなかったことで契約者が不利益を被ったとしても、有限会社サイバー・シビル一切その責任を負いません。
第26条(情報の管理)
  1. 契約者は本サービス利用のうえでのみ知り得る情報を第三者に漏洩してはならないものとします。
  2. 有限会社サイバー・シビルは、本サービスの提供に伴い取り扱う情報、個人情報その他の情報を、 本サービスの円滑な提供を確保するために必要な範囲でのみ使用または保存します。
  3. 有限会社サイバー・シビルは、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者及び、 令状を持つ官公庁の職員から個人情報その他の情報の提供を求められた場合には、その判断により、これに応ずることができ、 これにより契約者に何らかの不利益が及んだとしても、一切の責任を負わないものとします。
第27条(譲渡禁止)
  1. 契約者は、認められた場合を除き、契約者として有する権利を第三者に譲渡若しくは使用させたり、 売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供したりできないものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、有限会社サイバー・シビルが別途認めた場合にはこの限りではありません。
第28条(解除)
  1. 契約者が、以下の何れかの項目に該当する場合、有限会社サイバー・シビルは当該契約者に事前に何等通知又は催告することなく、 契約を解除し、又はアカウントの使用を一時停止することができるものとします。

    (1)入会時に虚偽の申告をした場合
    (2)入力されている情報の改竄を行った場合
    (3)アカウント又はパスワードを不正に使用した場合
    (4)サービスの運営を妨害した場合
    (5)サービスの利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合
    (6)契約者に対する破産・民事再生・会社更生・特別清算の申立があった場合又は会員に後見人が付された場合
    (7)第24条2項各号の禁止行為を行い、その他本規約の何れかに違反した場合
    (8)契約者が料金の支払いを遅滞した場合
    (9)有限会社サイバー・シビルの及び有限会社サイバー・シビルの利用する電気通信設備に支障を及ぼし、又はその恐れがある等有限会社サイバー・シビルの業務の遂行に支障が生じると当社が認めた場合
    (10)有限会社サイバー・シビルの名誉を毀損した場合
    (11)その他有限会社サイバー・シビルが契約者として不適当と判断した場合

  2. 前項の場合、契約者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料その他の債務等有限会社サイバー・シビル に対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。
  3. 契約者が本条1項各号の何れかに該当することで有限会社サイバー・シビルが損害を被った場合、有限会社サイバー・シビルは解除又は当該アカウントの一時停止の有無にかかわらず、 その被った損害のすべてを賠償請求できるものとします。
  4. 契約者が本条にもとづき契約が解除され又はアカウントの一時停止となった場合でも、 初期費用、利用料金等、有限会社サイバー・シビルが既に受領した金銭については、一切返金いたしません。
第29条(解約)
  1. 契約者が契約期間中であっても、 解約希望当月の20日までに有限会社サイバー・シビルに所定の様式にて届け出ることにより、 当月末日をもって契約を解約することが出来るものとします。
  2. 契約期間中に前項に基づき利用契約が解約された場合であっても、 有限会社サイバー・シビルは、既に受領した利用料その他の金銭については、一切返金いたしません。
  3. 契約者の資格は一身専属性のものとします。 有限会社サイバー・シビルは自然人である契約者の死亡を 知り得た時点をもって前項届出があったものとして取り扱います。
  4. 本条にもとづき解約がなされた場合、 解約時点において発生している利用料その他の債務の履行は本規約第5章に基づきなされるものとします。
第30条(サービス提供の中止)
  1. 有限会社サイバー・シビルは本規約に規定されている全ての項目のほか、 1ヶ月以上前に合理的な方法により契約者に通知することで本サービスの提供を中止することができます。 ただし、やむをえない理由がある場合はこの限りではありません。
  2. 有限会社サイバー・シビルはサービスの提供の中止の際、前項の手続を経ることで、 中止に伴う契約者又は第三者からの損害賠償の請求を全て免れるものとします。
第31条(契約終了後の処理)
  1. 期間満了、解除、解約その他理由の如何を問わず、契約が終了した場合には、有限会社サイバー・シビルは、契約者がサーバー内に保管したあらゆる記録 (以下「残存情報」といいます)について、これを保管する義務を負わず、いつでも任意にこれを削除できるものとします。
  2. 前項の場合に、有限会社サイバー・シビルは、有限会社サイバー・シビルが任意に行う場合の他は、 残存情報を契約者に送付する義務を負わないものとします。
第7章 雑則
第32条(準拠法)
本規約は日本国の法律に従って解釈されるものとします。
第33条(紛争の解決)
  1. 本規約に基づく紛争、疑義、あるいは取決められていない事項が発生したときは、 有限会社サイバー・シビルおよび契約者は誠意をもって協議の上これを解決するものとします。
  2. 本規約に関わる一切の紛争については高知地方裁判所 または高知簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附則
この約款(本規約)は、平成21年10月24日から適用されます。
Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.