リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
閉合トラバース
 器械点から観測を開始し多角路線を生成、最終観測点を器械点とする閉合多角路線を取り付けることで、 各観測点の座標値を求めます。
測定の点検が出来ますが、測距に誤差があり測角が正しければ、相似図形となり閉合が成立するので注意が必要です。
  • 予め新しい現場データベースを作成する毎に、下記作業を一回実行してください。
    • メニュー「設定」から、この現場の座標系番号を1~19の範囲で登録してください。
    • 同じくメニュー「設定」から、この現場の平均標高を登録してください。(必須ではありません)
    • メイン業務選択メニューの「保守」にある{補正パラメータ作成}を実行してください。
    • 以上作業は、他の縮尺投影補正関連業務で重複実行する必要はありません。
入力操作
  • 後視点・器械点の指定
     計算に使用する「誤差配分方法」をコンパス・トランシットから選択し、後視点と器械点を 点名または点番で指定します。
    続けて、この観測地の標高を登録した後、 「観測点へ」ボタンをタップし、観測点登録画面へと進みます。
    • 誤差配分方法

      コンパス法:折れ腺長に比例して観測差を各測点に配分します。測距と測角精度がほぼ等しい と考えられる場合、本方式を採用します。

      トランシット法:節点区間の座標差に比例して誤差を配分します。測角精度が測距精度に比べ きわめて高い場合に、本方式を採用します。

    • 指定する座標は予め座標リストに登録されている必要があります。
    • 点番が不明の場合は、「点名検索」ボタンから点名検索を実行できます。
      • 検索対象とする点名の一部または全部を入力し、「検索方法」を指定した後「検索実行」ボタンをタップします。
      • 見つかった座標データが1つの場合は、直ちに座標情報として結果が反映されます。
      • 検索条件に合致する座標が複数見つかった場合は、その条件に合致した座標のみの 座標リスト が表示され、その中から該当座標を選択できます。
      • また、座標リストから 「図表示」機能でグラフィク確認し、 該当プロットの長押しで座標を確定 することもできます。
  • 観測点の登録
     器械点からの観測距離・水平角を登録すると補正された水平距離が表示されます、点番・点名を入力します。
    放射・開放トラバースとは異なり、メニュー・「座標計算」を指定しないと座標値は生成されません。
    最終点で、結合点を観測した時の測角・測距データを登録した後、メニュー・「座標計算」を 指定し、座標値を一括生成します。
    • 点番

      点番を未入力とすると、自動的に座標リスト末尾に生成座標を追加登録することができます。

    • 測点名

      メニュー・その他・「設定」の測点名初期値の設定 により、初期値が自動発生します。通常は「末尾数値部を加算」に設定しておけば、入力の手間が省けて便利です。点番を未入力とすると、自動的に座標リスト末尾に生成座標を追加登録することができます。

入力操作
 観測データ登録画面の最下行には、「ページ操作ポタン」が表示されています。
  • 後視・器械点へ

    先頭ページの「後視・器械点の指定」へと移動します。

  • 前ページへ

    1ページ手前へと移動します。

  • 次ページへ

    次のページへと移動します。

  • 最終ページへ

    現在、有効データが登録済みの最後のページへと移動します。

  • ページの挿入

    現ページの手前に未登録ページを挿入し、そのページを表示します。

  • ページの削除

    現在のページを削除します。メニュー・その他・設定から、「行削除時・確認後削除」を選択しておけば、削除の前に確認ダイアログが開かれます。

座標登録
 最終観測点の情報まで登録後、メニューから「座標計算」を実行すると「計算結果・精度表示」ダイアログが開きます。
また、各観測データページには、誤差配分・座標値も表示されます。
その後、初めて「座標登録」「図表示」の実行が可能となります。
座標データを得るには、観測データを追加・変更・削除する毎に「座標計算」を実行する必要があります。
  • 座標登録の対象
    • 観測データ最終点は、後視点に器械を設置し器械点を観測しているので、座標登録の対象とはなりません。
    • 同様に、最終点の1つ手前の観測データも後視点を観測しているので、座標登録の対象とはなりません。
図表示
 メニューから「図表示」・プロット図を選択すると、無地のキャンバス上に現在の登録状況をグラフィクで確認することができます。
背景にマップ情報を必要とする場合は、Mapオーバレイを選択してください。
  • 表示位置の移動
    画面をフリックすると、その方向へと表示位置が変更されます。
  • 拡大・縮小
    画面上を2本の指でピンチイン・アウトすると、それにともないズームイン・アウト表示します。
  • コンパス同期回転モードの選択
    メニュー・「描画設定」で、{端末方位に同期描画}をチェックすると、現在の端末向き(方位)の変化に連動し回転表示されます。
    回転の中心は、スクリーン中央です。現在自分の位置(器械点)をスクリーン中央に移動すれば他の座標の位置する方向が簡単に把握できます。
  • プロットマークの長押し
    画面上に表示されたプロットマークを長押しすると、「ヒット座標情報」ダイアログが表示されます。
  • 即測設機能
    「ヒット座標情報」ダイアログから、【後】・【器】・【測】を順次指定すると、器械点から測設点までの測地線長と補正ナシの水平距離、及び挟角が表示されます。
    【C】を指定すると画面を初期状態へと復帰することができます。
  • メニュー・「他座標読み込み」
    座標リストから、周辺にある座標点を読み込み淡色表示します。
Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.