リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
 スマートフォンに内蔵されているGPSの現在観測点が表示されているマップビューを、タップ指定または観測点マーク指定し、直角平面座標データとして座標テーブルに登録します。
メニュー「他座標読込」から、登録済み全座標情報をマップ上にマークアップすることができます。
入力操作
  • マーク点(座標登録対象地点)の指定
    求めたい座標点を予め指定します。
    • スクリーンをタップすると、そのポイントをマーク点(赤いマーカー)とします。
    • 「現在地をマーク」ボタンをタップすると、現在の観測点をマーク点として指定できます。
    • ただし、観測の精度があまりに悪い場合は、「現在地をマーク」ボタンをタップすることはできません。
    • マーク点指定は、何回でも再指定することができます。
  • 座標の登録
    「マーク点を座標登録」ボタンをタップすると、現在のマーク点を直角平面座標に変換し座標テーブルに登録します。
    • 点番を未入力とすると、自動的に座標リスト末尾に生成座標を追加登録することができます。
    • メニュー・その他・「設定」の測点名初期値の設定 により、初期値が自動発生します。通常は「末尾数値部を加算」に設定しておけば、入力の手間が省けて便利です。
入力操作
 スマートフォンなどAndroid端末内蔵GPSによる測位データであるため測量成果座標としての価値は無いものとお考えください。
作者の日常携帯しているスマートフォンの使用経験則からのイメージでは、状況が非常に良好な場合で半径0.5m内外・一般的市街地で半径3m内外 、屋内・高いビルや高圧線鉄塔などの近辺では大きく精度が低下します。またスマートフォン機種により大きく精度が異なるということです。
 しかし、手軽であること,移動だけでワンマン計測可能であることから概測点を得るツールとしては他にはないメリットを持ちます。
(スマートフォンのカメラ機能で概測点を撮影しておくことも有効です)
  • GoogleMapとの位置のズレ

    あくまで作者の経験則でしかありませんが、市街地におけるGoogleマップの精度は1m以内である場合が多くGPS測位よりスクリーンタップによる指定の方が精度のよい座標を得る場合があります。

    逆に、郊外や山岳地帯で観測状況が良い場合は、GPSの測位のほうが高精度の場合が多くあります。

  • 観測

    端末を静止させ、充分拡大指定したマップ上で観測点の移動が無い状態で(1分以上が良いと思います)マークアップしてください。

  • 精度や観測速度の向上

    Android端末のGPSの多くはA-GPS測位方式を採用しており、 「GPS Status & ToolBox」 などのツールアプリを使用し、最新のAGPSファイルをダウンロードすることで速度や精度の向上が期待できます。

  • バッテリー

    GPSを駆動する業務のため、大きな消費電力が必要となります。本業務を使用し長時間の外業を行う場合は、携帯型バッテリーチャージャーもしくは交換用バッテリーの携帯をお勧めします。

Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.