リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
 路線変化点(役杭)毎に、形状指定と各要素数値を登録し次の路線変化点を決定することで道路線形を登録します。
要素法の特性
  • 形状指定

    卵型クロソイドとして、KAEクロソイド(大円→小円へと結ばれるクロソイド)・KEEクロソイド(小円→大円へと結ばれるクロソイド)の定義ができます。

    直線部が存在しない、厳密なS字カーブの設置が容易にできます。

  • 開始点(BP)の設置条件

    IP法と異なり、BP点とEP点が直線上に存在する必要はありません。

    カーブ途中やカーブ開始点(KA-○-1やBC)をBP点として路線を開始することもOKです。

    同様に、カーブ終了点(KA-○-2やEC)やカーブ途中でEPとしても支障ありません。

  • 登録数

    開始点と終点さえあれば、その間に役杭(路線変化点)が無くても、逆に何点存在しても路線は成立します。

    直線部のみ・カーブ区間のみの工区路線に対しても、プラス杭追加・幅杭拡幅計算・同断幅杭生成などができます。

  • 計算結果・IP法との違い

    要素法の全ての計算の開始は、少数桁3桁のBP座標点と秒単位に丸められた路線方向角から始まり、開放型で計算されます。

    したがって、各IP点で固定された法線上の計算手法をとるIP法とでは、mm単位で計算結果にズレが生じることがあります。

  • 入力の手間

    各生成役杭(路線変化点)毎に次の役杭へと続く路線要素を定義する必要があるため、IP法と比べ入力工数が多くなります。

IP点登録
  • BP点登録
    登録先頭ページでは、「形状指定」ボタンのタップにより次の役杭への路線形状や要素数値を登録した後、 BP点における路線方向角及び座標数値・点名を入力指定します。
    登録点がカーブ途中の場合における方向角とは、接線方向角のことをさします。
  • 2点目以降の登録
    2点目以降では、前頁の登録によりすでに座標値・追加距離等は決定しています。
    「形状指定」ボタンをタップし、路線形状や要素数値を登録した後、点名を登録します。
  • 形状選択
    「形状指定」ボタンをタップすると、形状一覧リストが表示されます。
    現在の役杭位置から、どのような形状の路線が形成されているかを選択します。
    BP点(先頭ページ)では、「曲線未設置」及び「路線終端(EP)」はリストに表示されません。
IP点登録
「形状指定」リスト中から選択すると、それぞれに対応した要素数値登録ダイアログが開かれます。
  • 直線開始
    次の役杭までの直線距離を登録します。
  • 曲線未設置(ペケ折れ)
    曲線要素を持たず折れ曲がる路線形状です。
    折れ曲がる方向・IA角・区間長を指定します。
  • 単曲線(円弧)
    カーブ方向・R(半径)・CL(BC~EC弧長)で単曲線区間を指定します。
  • KAクロソイド
    KAからKEへと変化するクロソイドカーブを、カーブ方向・A(クロソイドパラメータ)・R(半径)で指定します。
  • KEクロソイド
    KEからKAへと変化するクロソイドカーブを、カーブ方向・A(クロソイドパラメータ)・R(半径)で指定します。
  • KAEクロソイド
    KAE(大円)からKEE(小円)へと変化するクロソイドカーブを、カーブ方向・A(クロソイドパラメータ)・KAE-R(大円半径)・KEE-R(小円半径)で指定します。
  • KEEクロソイド
    KEE(小円)からKAE(大円)へと変化するクロソイドカーブを、カーブ方向・A(クロソイドパラメータ)・KEE-R(小円半径)・KAE-R(大円半径)で指定します。
  • 路線終端(EP)

    登録路線終端を、最終ページで指定します。このページ以降のページ追加はできません。

入力操作
 データ登録画面の最下行には、「ページ操作ポタン」が表示されています。
  • 先頭ページへ

    先頭ページ(BP点)へと移動します。

  • 前ページへ

    1ページ手前へと移動します。

  • 次ページへ

    次のページへと移動します。

  • 最終ページへ

    現在、有効データが登録済みの最後のページ又はEP点指定ページへと移動します。

  • ページの挿入

    現ページの手前に未登録ページを挿入し、そのページを表示します。

  • ページの削除

    現在のページを削除します。メニュー・その他・設定から、「行削除時・確認後削除」を選択しておけば、削除の前に確認ダイアログが開かれます。

図表示
 メニューから「図表示」・プロット図を選択すると、無地のキャンバス上に現在の登録状況をグラフィクで確認することができます。
背景にマップ情報を必要とする場合は、Mapオーバレイを選択してください。
  • 表示位置の移動
    画面をフリックすると、その方向へと表示位置が変更されます。
  • 拡大・縮小
    画面上を2本の指でピンチイン・アウトすると、それにともないズームイン・アウト表示します。
  • コンパス同期回転モードの選択
    メニュー・「描画設定」で、{端末方位に同期描画}をチェックすると、現在の端末向き(方位)の変化に連動し回転表示されます。
    回転の中心は、スクリーン中央です。現在自分の位置(器械点)をスクリーン中央に移動すれば他の座標の位置する方向が簡単に把握できます。
  • プロットマークの長押し
    画面上に表示されたプロットマークを長押しすると、「ヒット座標情報」ダイアログが表示されます。
  • 即測設機能
    「ヒット座標情報」ダイアログから、【後】・【器】・【測】を順次指定すると、器械点から測設点までの測地線長と補正ナシの水平距離、及び挟角が表示されます。
    【C】を指定すると画面を初期状態へと復帰することができます。
  • メニュー・「他座標読み込み」
    座標リストから、周辺にある座標点を読み込み淡色表示します。
Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.