リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
 「中間点・拡幅幅杭計算」情報を元に、中心杭から横断方向に複数の幅杭を生成します。
側溝・歩道や構造物の位置決めや、逃げ杭の横断位置計算などを迅速に実行できます。
  • 複数の横断面に対して、同時に幅杭を追加する
    • 幅員を幅杭シフト量で指定して生成(拡幅考慮)
    • 幅員を中心杭からの幅員で指定して生成(絶対指定)
  • 複数の横断面に対して、同時に幅杭を削除する
    • 最外端のみの幅杭を削除
    • 全ての幅杭を削除
  • 指定した横断面に、幅杭を追加する
    • 対象とする横断面へと移動
    • 指定行(幅杭)からのシフト量で幅杭生成
    • 中心杭からの幅員で幅杭生成
    • 指定行(幅杭)を削除
    • 範囲指定した幅杭を一括削除
  • 座標登録
    • 指定したルールで座標に点番を振る
    • 生成座標を座標リストに追加する
画面操作
 「中心杭リスト」で対象断面へ移動し、右又は左フリックするとその横断面の幅杭リスト表示へと移ることができます。
  • 中心杭リスト

     中心杭リストは、ボタン操作や上下フリックで目的とする断面へ移動する。 又、中心杭で範囲を指定することで、複数の断面に対し幅杭の一括追加生成及び削除をするためにあります。

    中心杭リスト自身の内容(追加や削除等)に対する編集機能はありません。

    • ボタン操作
      • 先頭ページへ

        先頭ページ(BP点)へと移動します。

      • 手前の役杭へ

        現在行より手前にある役杭行へと戻ります。(例:KE-2-1→KA-2-1)

      • 次の役杭へ

        現在行より先にある役杭行へと進みます。(例:KE-2-1→KE-2-2)

      • EPへ

        リストの最後の行へ移動します。

      • 現在区間を選択範囲に

        現在行が含まれるカーブ区間、又は直線区間を選択範囲として指定します。

        例:現在行がKE-1-1の場合、KA-1-1からKA-1-2までが選択範囲となります。

      • 選択範囲を解除

        現在の範囲選択を解除します。

  • 左右幅杭リスト

     中心杭リストを横フリックすると、中心杭の現在行に対応した幅杭リストが表示されます。

    ここで、各断面ごとに横断方向に幅杭を追加または削除等の編集ができます。

    • ボタン操作
      • 幅杭追加

        入力指定した中心杭からの幅員で、幅杭を追加します。

      • 手前の断面へ

        手前にある断面へと移動します。(中心杭リストに戻らなくても断面移動できます)

      • 次の断面へ

        次の断面へと移動します。(中心杭リストに戻らなくても断面移動できます)

タッチ編集

「中心杭リスト」・「幅杭リスト」では、それぞれ異なる「メニューダイアログ」が表示されます。

  • 「中心杭リスト」のタッチ編集
    範囲選択開始」・「範囲選択の決定」・「範囲指定取り消し」の3つの指定を行います。
  • 「幅杭リスト」のタッチ編集
    • 範囲指定

      「範囲選択開始」・「範囲選択の決定」・「範囲指定取り消し」の3機能があります。

    • 点番・点名編集
      指定した幅杭座標の、点番・点名を編集します。
    • 幅杭追加
      指定した幅杭からのシフト幅、又はセンターからの幅員を入力し、新たな同断幅杭を1点追加します。
    • 指定幅杭削除

      長押し指定した行を1行削除します。

範囲編集
中心杭で指定した範囲に属する、複数横断に対し各種一括編集を行います。
  • 範囲指定解除

    中心杭範囲選択モードを解除し、通常の「タッチ編集」へと戻ります。

    「範囲指定を解除」ボタンをタップしても選択範囲モードを取り消すことができます。

  • 点番ナンバリング
    指定した範囲に含まれる幅杭の点番を指定方法で振っていきます。
    • 採番対象の幅杭にチェックをいれます。
    • 採番方向として「左一括→右一括」・「右一括→左一括」・「左→右→次の左...」・「右→左→次の右...」から選択します。
    • 開始番号には、座標リストに保存した場合「上書き更新」されない点番が初期セットされています。
  • 幅杭追加
    指定した範囲の横断に、指定した幅員を持つ幅杭を一括追加します。
    • 幅員の指定は中心杭からの幅員の他、現在最も外側にある幅杭からのシフト量で指定することも出来ます。
    • 「シフト指定」での幅員指定、拡幅したカーブ区間の側溝指定などに適応できます。
    • 幅員・シフト量いずれの場合も、0を入力した側の幅杭は生成されません。
  • 最外端幅杭削除
    名前の通り、対象横断の一番外側の幅杭を1つずつ削除します。
  • 幅杭削除(全削除)
    選択範囲に含まれる全ての幅杭を削除します。ただし、「中間点・幅杭拡幅計算」で生成した幅杭が削除されることはありません。
範囲編集
表示した断面の幅杭を範囲選択し編集を行います。
  • 範囲指定解除

    中心杭範囲選択モードを解除し、通常の「タッチ編集」へと戻ります。

  • 点番ナンバリング
    選択範囲の幅杭点番をナンバリングします。
  • 選択範囲削除

    選択範囲の幅杭を一括削除します。

座標登録
 メニュー・座標登録を選択することで、生成座標データを座標リストへと保存することができます。
  • 対象座標の選択

    「左幅杭」・「右幅杭」毎に、チェックボックスにより登録対象とするか選択できます。

  • 点番ナシ座標の処理

    確認ダイアログの「点番ナシは...」にチェックを入れておけば、点番未登録データを自動的に座標リスト末尾へと追加登録します。

  • ロック座標の更新選択

    ロック座標 と同一点番で記録された座標データがあれば、内容の更新をするか事前チェックできます。

図表示
 メニューから「図表示」・プロット図を選択すると、無地のキャンバス上に現在の登録状況をグラフィクで確認することができます。
背景にマップ情報を必要とする場合は、Mapオーバレイを選択してください。
  • 表示位置の移動
    画面をフリックすると、その方向へと表示位置が変更されます。
  • 拡大・縮小
    画面上を2本の指でピンチイン・アウトすると、それにともないズームイン・アウト表示します。
  • コンパス同期回転モードの選択
    メニュー・「描画設定」で、{端末方位に同期描画}をチェックすると、現在の端末向き(方位)の変化に連動し回転表示されます。
    回転の中心は、スクリーン中央です。現在自分の位置(器械点)をスクリーン中央に移動すれば他の座標の位置する方向が簡単に把握できます。
  • プロットマークの長押し
    画面上に表示されたプロットマークを長押しすると、「ヒット座標情報」ダイアログが表示されます。
  • 即測設機能
    「ヒット座標情報」ダイアログから、【後】・【器】・【測】を順次指定すると、器械点から測設点までの測地線長と補正ナシの水平距離、及び挟角が表示されます。
    【C】を指定すると画面を初期状態へと復帰することができます。
  • メニュー・「他座標読み込み」
    座標リストから、周辺にある座標点を読み込み淡色表示します。
Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.