リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
クロソイドへの垂線  KA座標及びパラメータ・方向角とカーブ方向で指定されるクロソイド内に 指定座標から垂線を下ろし、その足座標・幅員・KAからの距離等を求めます。
また、図表示時に頂点とするプロットマークを長押しすることで自動的に垂線登録する「図から垂線指定」機能を持ちます。
入力操作
  • クロソイドの指定
    • KA座標を 点名または点番で指定します。
    • KAクロソイドのKA接線方向角を入力します。

      (KAから、このKAが含まれるカーブのIP点への方向角となります)

    • クロソイド形状を決定する入力要素をAR,AL,RLの中から選択します。
    • 選択した2項目に対し、数値を入力します。

      (残り1要素は自動計算されます。ここに入力することはできません)

    • KA→KEのカーブ方向を選択します。
    • KE座標値が計算され表示されますので、確認後「垂線情報登録へ」ボタンをタップします。
    • KA点として指定する座標は予め座標リストに登録されている必要があります。
    • 点番が不明の場合は、「点名検索」ボタンから点名検索を実行できます。
      • 検索対象とする点名の一部または全部を入力し、「検索方法」を指定した後「検索実行」ボタンをタップします。
      • 見つかった座標データが1つの場合は、直ちに座標情報として結果が反映されます。
      • 検索条件に合致する座標が複数見つかった場合は、その条件に合致した座標のみの 座標リスト が表示され、その中から該当座標を選択できます。
      • また、座標リストから 「図表示」機能でグラフィク確認し、 該当プロットの長押しで座標を確定 することもできます。
  • 垂線指定
    垂線の頂点座標を 点名または点番で指定すると、即座に垂線の足座標情報を表示します。
    表示情報として、座標値以外に足長(幅員),KAからの距離(クロソイド長)が表示されます。
入力操作
 データ登録画面の最下行には、「ページ操作ポタン」が表示されています。
  • 先頭ページへ

    先頭ページの「クロソイドの指定」へと移動します。

  • 前ページへ

    1ページ手前へと移動します。

  • 次ページへ

    次のページへと移動します。

  • 最終ページへ

    現在、有効データが登録済みの最後のページへと移動します。

  • ページの挿入

    現ページの手前に未登録ページを挿入し、そのページを表示します。

  • ページの削除

    現在のページを削除します。メニュー・その他・設定から、「行削除時・確認後削除」を選択しておけば、削除の前に確認ダイアログが開かれます。

座標登録
 メニュー・座標登録を選択することで、生成座標データを座標リストへと保存することができます。
  • 点番ナシ座標の処理

    確認ダイアログの「点番ナシは...」にチェックを入れておけば、点番未登録データを自動的に座標リスト末尾へと追加登録します。

  • ロック座標の更新選択

    ロック座標 と同一点番で記録された座標データがあれば、内容の更新をするか事前チェックできます。

図表示
 メニューから「図表示」・プロット図を選択すると、無地のキャンバス上に現在の登録状況をグラフィクで確認することができます。
背景にマップ情報を必要とする場合は、Mapオーバレイを選択してください。
  • 表示位置の移動
    画面をフリックすると、その方向へと表示位置が変更されます。
  • 拡大・縮小
    画面上を2本の指でピンチイン・アウトすると、それにともないズームイン・アウト表示します。
  • コンパス同期回転モードの選択
    メニュー・「描画設定」で、{端末方位に同期描画}をチェックすると、現在の端末向き(方位)の変化に連動し回転表示されます。
    回転の中心は、スクリーン中央です。現在自分の位置(器械点)をスクリーン中央に移動すれば他の座標の位置する方向が簡単に把握できます。
  • プロットマークの長押し
    画面上に表示されたプロットマークを長押しすると、「ヒット座標情報」ダイアログが表示されます。
  • 即測設機能
    「ヒット座標情報」ダイアログから、【後】・【器】・【測】を順次指定すると、器械点から測設点までの測地線長と補正ナシの水平距離、及び挟角が表示されます。
    【C】を指定すると画面を初期状態へと復帰することができます。
  • メニュー・「他座標読み込み」
    座標リストから、周辺にある座標点を読み込み淡色表示します。
図から垂線指定
 「図表示」画面の「他座標読込」で読み込んだプロットを長押しすることで、垂線のデータ登録を連続的に行うことができます。
  • 他座標読込
    メニュー「他座標読込」で周辺座標を図表示させます。
  • プロットを長押し
    垂線の頂点とするプロットマークを長押しします。
  • 追加指定
    開かれた「座標情報」ダイアログの「垂線追加」ボタンをタップします。
  • 結果
    基線上に垂線が生成されました。
    データテーブルにも同時に登録されますので、キーボードから点番を入力するより簡単です。
Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.