リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
 トラバース・逆計算における後視点・器械点や路線設置IP法のIP点指定など多くの業務では、予め座標テーブルに登録されている多くの座標情報から 目的とする座標点を指定して呼び出す必要があります。
工事メイトでは、部分一致自動検索機能付きの「点名指定呼び出し」と「点番指定」(点名検索機能付き)の2つの方法で、 目的とする座標を呼び出すことができます。
操作方法
入力選択  各業務のメニューから「その他」→「設定」を指定し、画面上部にある「座標呼出方法」で「点番指定」あるいは 「点名指定」ボタンをタップ指定します。
この選択は、全ての業務の全てのタイミングでいつでも指定変更することができます。
SIMA
 目的とする座標の点名の全て、又は先頭文字列の一部を入力することで、目的とする座標を呼び出します。
キーボード操作あるいはスクリーンタップなどで、別のコントロール項目へとフォーカスが移動したタイミングで、座標の呼び出しが実施されます。
  • 座標呼び出しのルール

    入力された文字列を元に、以下のルール順にしたがって該当座標を順次検索します。

    • 入力された文字列全てが完全に一致(大文字・小文字を区別)する座標があるか検索
    • 大文字・小文字を区別せず、入力された文字列全てが一致する座標があるか検索
    • 入力文字列と先頭部分が一致する点名を持つ座標があるか検索
    • 以上の検索で一致する座標が見つからず、入力文字中に全角英数記号文字が含まれる場合、該当文字を半角文字に読み替え最初からの検索手順を繰り返します

    該当座標が1件のみの場合は、その座標データが即座に採用されます。

    該当座標が複数件存在した場合は、自動的に次のリスト選択画面へと移行します。

  • 座標リストやCAD画面から座標指定

     点名指定では、対象座標の点名全ての文字を入力しなくても、点名の先頭一部を入力し見つかった複数の座標の中からリスト行の長押し、又はそのグラフィクス画面上の プロットマークを長押し指定することで目的座標を選択することができます。

    • 例えば「T-1-」と指定することで、T-1-1,T-1-2,T-1-2-1....など複数の座標がリスト表示され、そこから対象座標を長押し指定することができます。
    • さらに、リスト画面のメニューから「図表示」を選択し、そこに表示されたグラフィクス上のプロットマークを長押し指定することでも、目的座標を選択することができます。
  • 点名指定時の留意事項

    点名入力による座標呼び出しは、覚えやすく識別が容易な点名で操作が行なえるため、便利な機能です。

    しかし、文字入力となることなどから以下の点にご注意ください。

    • 全角→半角変換される文字は、英数と一部の記号文字となります。
    • 先頭部分一致検索の文字列の指定方法として、例えば「T-1-2」を呼び出したい時に、「T-1」と指定すると「T-1座標」が存在している場合はその座標(T-1)が呼び出されます。 入力文字列として「T-1-」か「T-」と指定してください。
    • 「工事メイト」ではSIMAの仕様に準拠し、点番が異なれば同一点名を持つ複数の座標の存在を許しています。そのような座標を点名として入力項目に登録した場合、 入力項目から他の項目にフォーカスが移るたびに、座標選択リストが表示され選択操作が必要となることとなります。
    • 当然のことながら、座標データとして点名を無名で登録した座標データを点名指定で呼び出すことはできません。
SIMA
 目的とする座標の点番数値を入力することで、目的とする座標を呼び出します。
点番が不明の場合は、右横の「サーチボタン」をタップすることで点名サーチダイアログが開き、そこから点名検索指定をすることができます。
  • 点名絞込み検索

    サーチボタンタップによりダイアログが開かれ、そこから検索文字列キーと検索の方法を選択します。

    該当座標が1件のみの場合は、その座標データが即座に採用されます。

    該当座標が複数件存在した場合は、自動的に次のリスト選択画面へと移行します。

  • 座標リストやCAD画面から座標指定

    検索結果として複数件の座標データが該当した場合は、表示されたリストの中から該当行の長押し、又はそのグラフィクス表示画面上の プロットマークを長押し指定することで目的座標を選択することができます。

    • 例えば「T-1-」と指定することで、T-1-1,T-1-2,T-1-2-1....など複数の座標がリスト表示され、そこから対象座標を長押し指定することができます。
    • さらに、リスト画面のメニューから「図表示」を選択し、そこに表示されたグラフィクス上のプロットマークを長押し指定することでも、目的座標を選択することができます。
Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.