リザーブ・デスクのロゴ
問い合わせ先
工事メイトforSmartは、アンドロイド・スマートフォンを使った土木技術者のための、携帯測量計算アプリです
JavaScriptを有効に変更してください。
サイバー・シビル サイトトップへ 業務一覧
listMark トラバース
listMark トラバース(補正)
listMark 逆計算
listMark 逆計算(補正)
listMark 路線・線形計算
listMark 座標
listMark GPS&マップ
listMark 交点
listMark 垂線
listMark 内外分点
listMark 面積
listMark 座標変換
listMark 隅切り・その他
listMark 保守
 杭打ち対象座標を座標テーブルから呼び出すと、現在の観測位置と座標位置がマークアップされたMapが表示され、座標点へ到達するための各種情報がリアルタイムに表示されます。
現地で既存杭の位置をすばやく見つけるため、又将来の杭打ちの位置目安点のマークアップツールとして威力を発揮します。
メニュー「他座標読込」から、登録済み座標情報をマップ上にマークアップし、それの「長押し」で杭打ち座標を指定することができます。
入力操作
  • 杭打座標の指定(マーク長押指定)
    • メニュー「他座標読込」を指定し、マップ上に座標マーカーを読込表示します。
    • 表示された座標マーカーを「長押し指定」すると、その座標を読み込んだ状態で座標指定画面が表示されます。
  • 杭打ち座標の指定
    「座標指定」ボタンをタップすると座標指定画面が表示されます、ここで対象とする座標を指定します。
    • 指定する座標は予め座標リストに登録されている必要があります。
    • 点番が不明の場合は、「点名検索」ボタンから点名検索を実行できます。
      • 検索対象とする点名の一部または全部を入力し、「検索方法」を指定した後「検索実行」ボタンをタップします。
      • 見つかった座標データが1つの場合は、直ちに座標情報として結果が反映されます。
      • 検索条件に合致する座標が複数見つかった場合は、その条件に合致した座標のみの 座標リスト が表示され、その中から該当座標を選択できます。
      • また、座標リストから 「図表示」機能でグラフィク確認し、 該当プロットの長押しで座標を確定 することもできます。
  • 杭打ち状況の表示とポイントの移動

    座標指定からマップビューに復帰すると、GPS観測地点のほかに「杭打ち点」がグリーンのマーカーで表示されています。

    GPS観測地点と「杭打ち点」の位置関係を表す数値が、スクリーンの下部にリアルタイム表示されています。

    • 【精度】観測精度が半径で表示されます。
    • 【距離】2点間の直線距離が表示されます。
    • 【角較差】端末の向きを、右又は左にあと何度回転すれば杭打ち点の方角をさすのかを表示します。
    • 【前へ】(後ろへ)あと何メートル移動すれば、杭打ち点X座標値と同一となるかを表示します。
    • 【右へ】(左へ)あと何メートル移動すれば、杭打ち点Y座標値と同一となるかを表示します。
    • 市街地であれば、マップビューをたどって移動し最後に観測点位置と比較するのが合理的です。
    • 郊外での作業で、たどるべきマップビューの情報が得られない場合は、
      • 【前へ】表示の方向を向き、【角較差】が少ない方向へと端末を回転させ「杭打ち点」の方向を確認します。
      • その方向へ、または移動可能な方向へと移動し、再度「杭打ち点」への方向を【角較差】で確認します。
    • 「杭打ち点」にすでに測量鋲が打たれている場合では、2点間距離の方が「精度」数値より少なくなった時点で目視により鋲を探すほうが合理的な場合があります。
入力操作
 すでにお気づきの通り、本業務は「杭打ち」と言うより「杭位置さがし」と言い換えたほうが妥当です。
既存の測量鋲が打たれている場合は最後は目視で、また新たな杭打点位置を確定する場合は仮点として現地にマークアップしておくということになります。
作者の日常携帯しているスマートフォンの使用経験則からのイメージでは、状況が非常に良好な場合で半径0.5m内外・一般的市街地で半径3m内外 、屋内・高いビルや高圧線鉄塔などの近辺では大きく精度が低下します。またスマートフォン機種により大きく精度が異なるということです。
 しかし、手軽であること,移動だけでワンマン計測が可能であるから「杭位置さがし」ツールとしては他にはないメリットを持ちます。
(スマートフォン内蔵カメラも有効に活用できます)
  • GoogleMapとの位置のズレ

    あくまで作者の経験則でしかありませんが、市街地におけるGoogleマップの精度は1m以内である場合が多くGPS測位よりスクリーンタップによる指定の方が精度のよい座標を得る場合があります。

    逆に、郊外や山岳地帯で観測状況が良い場合は、GPSの測位のほうが高精度の場合が多くあります。

  • 移動

    移動中のリアルタイム測位となるため、GPS情報の表示が実際の移動より遅れて通知される場合があります。マップビューの情報と現地の状況が異なっていると判断される場合は、いったん移動を中止しGPSから得られる情報が安定するまで待つのも有効な手段です。

  • 精度や観測速度の向上

    Android端末のGPSの多くはA-GPS測位方式を採用しており、 「GPS Status & ToolBox」 などのツールアプリを使用し、最新のAGPSファイルをダウンロードすることで速度や精度の向上が期待できます。

  • バッテリー

    GPSを駆動する業務のため、大きな消費電力が必要となります。本業務を使用し長時間の外業を行う場合は、携帯型バッテリーチャージャーもしくは交換用バッテリーの携帯をお勧めします。

Copyright © All Rights CyberCivil Inc. Reserved.